ボールを打つ河口菜々美さん=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園
ボールを打つ河口菜々美さん=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園
コーチの話を聞く河口菜々美さん(右から2人目)=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園
コーチの話を聞く河口菜々美さん(右から2人目)=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園
ボールを打つ河口菜々美さん=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園 コーチの話を聞く河口菜々美さん(右から2人目)=島根県吉賀町立戸、吉賀町スポーツ公園

8月の全国大会、上位へ意欲
 河口 菜々美さん(吉賀・六日市小5年)

 島根県吉賀(よしか)町の六日市(むいかいち)小学校5年生の河口(かわぐち)菜々美(ななみ)さん(11)は、全国小学生テニス選手権(せんしゅけん)大会島根県予選大会で優勝(ゆうしょう)しました。「全国大会でベスト8~4に入れるように頑張(がんば)りたい」と意欲(いよく)を燃(も)やしています。

 河口さんは小学2年生のとき、同級生に誘(さそ)われてテニスを始めました。小学生から高校生までが所属(しょぞく)する「ボニートテニスクラブ」で、ほとんど毎日練習に打ち込(こ)んでいます。平日は3時間、土日は4~8時間汗(あせ)を流します。トレーニングのため、自宅(じたく)から練習場所の吉賀町スポーツ公園まで約1キロの距離(きょり)を走って通っています。練習が始まるとメンバーと一緒(いっしょ)に走り込みやサーブ、ストレートショットなどのメニューをこなします。

 1月にあった岡山オープンという中国大会では、準(じゅん)決勝で敗れたものの3位決定戦で勝利しました。河口さんは「自分で展開(てんかい)を考えながら試合ができた」と振(ふ)り返ります。

 3月の全国大会島根県予選で見事チャンピオンに輝(かがや)き、6月4、5日に鳥取市で開催された中国予選大会では4位入賞し、全国大会出場を決めました。8月3日から東京で行われる全国大会に向け、練習に打ち込んでいます。

 指導(しどう)するクラブの岩本(いわもと)浩見(ひろみ)コーチ(54)は「持ち味は負けず嫌(ぎら)いなところ。試合で集中力を発揮(はっき)できるので、さらにテクニックを磨(みが)いてもらいたい」と期待しています。

 今後は「戦術(せんじゅつ)の幅(はば)が広がるようにいろいろなショットを身につけていきたい」と河口さん。ドロップショットやスライス、ボレーなどの技(わざ)を磨いていきます。将来(しょうらい)は、プロテニスプレーヤーになることが目標で、河口さんは「関わってくれたみんなのために、活躍(かつやく)することで感謝(かんしゃ)の気持ちを返したい」とやる気に満ちています。

 

プロフィル
【好きな料理】 グラタン
【好きな教科】 理科と体育
【憧(あこが)れの選手】カミラ・ジョルジ