サロン・ドートンヌの入選作品を紹介する梶田幹穂さん=松江市八束町波入、中村元記念館
サロン・ドートンヌの入選作品を紹介する梶田幹穂さん=松江市八束町波入、中村元記念館

 【松江】山陰中央新報文化センター出雲教室の講師を務める水墨画家梶田幹穂(かんすい)さん(73)=松江市上宇部尾町=の作品展「水墨画の魅力」が、松江市八束町波入の中村元記念館で開かれている。6月13日まで。入館無料。

 梶田さんは40歳の頃から水墨画を始め、島根の伝統文化や風景から着想した作品を創作。作品は約120年続くフランスの国際展サロン・ドートンヌに12回連続で入選している。

 作品展では28点を展示。サロン・ドートンヌの入選作品3点をはじめ、宍道湖の風景画、大根島ゆかりのボタンの花を描いた作品などが目を引く。

 梶田さんは「水墨画のさまざまな技法を見て楽しんでもらいたい」と来館を呼び掛けている。

 開館は午前10時から午後5時まで(最終入場は午後4時半まで)。毎週月曜は休館。   (黒沢悠太)