「まん延防止等重点措置」初日に、午後9時近くなり、店じまいする店員=27日午後8時58分、松江市寺町の大衆酒場串かっちゃん
「まん延防止等重点措置」初日に、午後9時近くなり、店じまいする店員=27日午後8時58分、松江市寺町の大衆酒場串かっちゃん
松江市の繁華街(資料)
松江市の繁華街(資料)
「まん延防止等重点措置」初日に、午後9時近くなり、店じまいする店員=27日午後8時58分、松江市寺町の大衆酒場串かっちゃん 松江市の繁華街(資料)

※島根 まん延防止解除 飲食店 きょうから通常営業(2月21日付)
 県は、2月21日以降も、飲食店利用は「4人以下、合計2時間を限度」と、県民に要請

 新型コロナウイルスの感染急増を受けた「まん延防止等重点措置」が1月27日、島根など18道府県に追加適用された。期間は2月20日まで。初適用の島根県内では、営業時間短縮の要請に応じた飲食店が午後9時までに店じまいするなど影響が広がった。感染抑制のため、全県を挙げた我慢の日々が始まった。

 島根県内の感染状況の推移

 島根県では、重点措置期間全てで時短営業や休業に応じた飲食店に協力金を支給する。個人経営の居酒屋など中小企業の場合、感染防止対策の基準を満たした認証店は「営業時間午後9時まで、酒類提供午後8時まで」か「営業時間午後8時まで、酒類提供なし」の2パターンのどちらかを選択でき、非認証店は「営業時間午後8時まで、酒類提供なし」となる。

 

 松江市の歓楽街・伊勢宮では、休業を選ぶ居酒屋やスナックも見られ、営業する店も午後9時までに明かりが消え、人通りはまばらだった。

 2パターンを選べる認証店は26日時点で認められた782店。協力金は2月21日に申請受け付けを始め、1カ月後の支給開始を目指す。

 このほか、やむを得ない仕事や受験などを除く都道府県をまたいだ移動の自粛、県内であっても混雑した場所などへの外出を控えるよう、県民に要請。集客力が高い水族館アクアス(浜田市、江津市)などは休館している。

 丸山達也知事は27日の定例記者会見で「これまでになかった制約を県民や事業者にお願いする。政府、市町村、医療機関などと緊密に連携し、25日間で収束への道筋をつけたい」と述べ、協力を呼び掛けた。

 島根のほか、追加適用されたのは、北海道、青森、山形、福島、茨城、栃木、石川、長野、静岡、京都、大阪、兵庫、岡山、福岡、佐賀、大分、鹿児島の計17道府県で、対象は34都道府県に拡大した。

 

 
<島根県に適用されるまん延防止等重点措置>

★期間 1月27日(木)から2月20日(日)

★対象地域 島根県内全域

★概要
①都道府県をまたぐ移動の自粛(飲食目的での鳥取県との往来自粛も含む)
 
行き先の都道府県の要請を確認したうえで、極力控える。やむを得ない仕事、受験、介護などで移動する場合は感染防止対策を徹底する
②外出、移動の自粛
 混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出、移動を控える
③飲食店への営業時間短縮や酒類提供の停止の要請

 まん延防止等重点措置について(内閣官房のHP)

★飲食店に対する協力金の対応
 まん延防止等重点措置が適用されれば、島根県は飲食店に対し、営業時間の短縮を要請する。応じた店には協力金を支払う。食品衛生法に基づく営業許可を受けた中小企業、大企業の約5500店舗が対象だ。

 中小企業の場合、感染防止対策の基準を満たした「認証店」は、酒類提供の有無など2パターンのどちらかを選択できる。「営業時間午後9時まで、酒類提供午後8時まで」の場合で、1日当たり2万5千~7万5千円(前年か前々年同期の1日の売上高の3割)を支給する。例えば、前年に1日10万円を売り上げていた場合、1日3万円を受け取れる。

 

 「営業時間午後8時まで、酒類提供なし」を選んだ場合は1日当たり3万~10万円(前年か前々年同期の1日の売上高の4割)。既に認証済みの店舗が対象で、今後申請をしても今回の認証店の枠組みでは協力金は受け取れない。

 非認証店は「営業時間午後8時まで、酒類提供なし」で3万~10万円(前年か前々年同期の1日の売上高の4割)となる。

 原則、時短営業の要請期間の全てに協力した場合に支給する。準備が必要な場合は、重点措置の適用日から3日後までに時短営業を始める必要がある。

 例えば午後8時に開店するスナックやバーは休業すれば、支給対象になる。昼間のみの営業で午後8時までに閉まる店舗や、テークアウトや宅配だけの店舗で店内で飲食できない場合は対象外。

 大企業は1日上限20万円(前年か前々年同期の1日当たりの売上高減少額の4割)などとなる。 

 時短要請に従わなかった場合、県が店名公表や、20万円以下の過料を科すことができる。

 24日時点で認証店は634店ある。

★全業種を対象にした「事業復活支援金」について(山陰中央新報1月29日付)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減った全業種が対象となる国の「事業復活支援金」の申請受付が、31日に始まる。島根県に適用された「まん延防止等重点措置」で営業時間短縮要請に応じ、協力金を受け取れる飲食店以外で、窮地に立たされる事業者の一助になる制度だ。県は28日、県内商工3団体に対して説明会を開き、地元事業者への制度の周知、活用を呼び掛けた。

 

 

 事業復活支援金は業種や所在地を問わず、コロナ禍の影響を受けたことが給付条件。国や自治体の要請による休業・時短営業やイベント延期で打撃を受けたり、流通の制限で商材の調達が困難になったりした場合などを想定する。

 具体的には、感染拡大の第6波にかかる「2021年11月~22年3月」の任意で選んだ月の売上高が、「18年11月~19年3月」「19年11月~20年3月」「20年11月~21年3月」の任意の同じ月と比べて、30%以上減った場合に給付。減少率別の上限は、法人が50%以上の場合で250万円など、30%以上50%未満で150万円など。個人事業者は50%以上で50万円、30%以上50%未満で30万円。

 オンラインによる申請を原則とし、申請期限は5月31日まで。確定申告書や、対象月の売上台帳の添付などが必要となる。

 28日の説明会では県と商工団体が事業復活支援金のほか、雇用調整助成金など国の制度を周知、活用して事業者を支えることを確認。商工団体からは「(協力金の支給対象となる)飲食店以外から、心配の声がたくさん寄せられている。支援金の周知徹底を図りたい」と声が上がり、県商工労働部の田中麻里部長は「事業者の不安を少しでも払拭(ふっしょく)できるよう、一緒に取り組む」と述べた。

 県内では2月1日に県教育会館(松江市母衣町)に申請サポート会場を設置。予約が必要で、詳細は支援金事務局のホームページか、電話0120(789)140、電話03(6834)7593で確認できる。 
 
事業復活支援金に関する経済産業省のHP
 

★事業復活支援金の受給サポート(2月2日付)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減った全業種が対象となる、国の「事業復活支援金」の申請サポート会場が1日、松江市など全国64カ所に設置され、担当者が早速、事業者の相談に応じた。商工会議所にも問い合わせが相次いでおり、関心は高い。

 島根は県教育会館(松江市母衣町)、鳥取は鳥取市福祉文化会館(鳥取市西町2丁目)にサポート会場を設置。事前予約が必要で、支援金事務局のホームページなどで確認できる。

 支援金の前身は「持続化給付金」で、不正受給が問題となったため、新たな制度では商工会議所などが申請者に事業実態があるかなどを確認している。島根県はまん延防止等重点措置が適用中で、松江商工会議所の竹下昌宏中小企業相談所長は小売業などにも影響が広がっているとし「不明点があれば問い合わせてほしい」と活用を呼び掛けた。

 事業復活支援金はコロナの影響で2021年11月~22年3月の任意で選んだ月の売上高が、18年11月~21年3月の任意の同じ月と比べ、30%以上減った場合に給付。重点措置の適用に伴う営業時間短縮要請に応じた飲食店も対象となる。

 専用のホームページから電子申請する仕組みで、確定申告書や対象月の売上台帳の添付が必要となる。

★外食チェーンの対応(1月26日時点)
 
大手外食 時短営業へ テークアウトは通常通り(1月27日付)

 

 マクドナルド(県内8店舗)⇒ 店内での飲食を午後8時ま、テークアウトやドライブスルーは通常の営業時間通り。商業施設内で営業する店舗については、施設の方針に合わせる。
 ・吉野家(県内3店舗)、すき家(同10店舗)⇒ 店内の飲食は午後8時まで。以降はテークアウトなどで対応。商業施設内で営業する店舗については、施設の方針に合わせる
 ・すかいらーくグループのガスト、から揚げ専門店「から好し」の県内計9店舗 ⇒ 午後9時に閉店、酒類提供は午後8時までとし、1組1テーブル4人以下の利用を促す。テークアウトや宅配は店舗ごとで対応が異なり、自社のホームページで詳細を知らせる
「トマト&オニオン」松江学園通り店 ⇒午後8時で閉店し、酒類の提供は止める

★県立施設の休館
 水族館アクアス、三瓶自然館サヒメル、三瓶小豆原埋没林公園、宍道湖自然館ゴビウス、古代出雲歴史博物館、石見美術館 ⇒ 2月21日以降再開
  

★その他公共施設(1月26日時点)
※大田市の観光施設 あすから通常営業 まん延防止解除で(2月20日付)
※松江市 集客29施設再開へ 家庭保育要請は延長(2月19日付)


 島根まん延防止適用 市民 我慢の日々 来月20日まで 休館や周遊バス運休(1月27日付)
 

 

 <松江市>
 ・松江城天守、興雲閣、松江フォーゲルパーク、堀川遊覧船、玉造温泉ゆ~ゆなど市立の集客29施設 ⇒ 休館 
 ・ぐるっと松江レイクライン ⇒全便運休
 ・中止となる松江市関連のイベント一覧

 <出雲市>
 ・出雲科学館、荒神谷博物館、出雲弥生の森博物館、ひらた健康福祉センター健康教育部門、横見埋没林公園展示棟、出雲ドームクラブハウス ⇒休館 詳細
 ・子育て支援センター ⇒ 電話相談のみ
 ・湖遊館、温泉施設など ⇒ 混雑時に入場者数を制限 詳細
※羽生選手見て興味湧いた 五輪効果 スケート場にぎわう 出雲の湖遊館(2月12日付)​

 ・出雲市関連のイベントの状況

 <美郷町>
 ・「ゴールデンユートピアおおち」⇒ プールとレストラン部分を休業、宿泊コテージは県内在住者の利用に限定し継続

 <浜田市>
 サン・ビレッジ浜田のアイススケート場 ⇒ 20日まで休館


★キャンぺーン
・「GoToイート」島根版 ⇒ 時短営業内での適切な利用を呼びかけ、利用期限を3月25日まで延長
・「WeLove山陰キャンペーン」 ⇒ 一時停止、2月から既存の予約分も割引を受けられなくなる
・再発見!あなたのしまねキャンペーン ⇒ 一時停止、詳しくはこちら


★イベントの状況(1月24日時点)
 ・「出雲の日」関連イベント(1月25~31日)⇒すべて中止
 ・出雲大社関連
  八足門内の特別参拝(25~31日)、神楽特別祈祷(きとう)(28、29両日)⇒ 中止
  「節分祭」 ⇒ 参拝者への甘酒のふるまいや福豆の提供を中止する方向で検討 
 ・由志園 假屋崎省吾さんとのコラボレーションイベント ⇒継続
 ・島根スサノオマジック ホーム戦(2月5、6日 松江市総合体育館)⇒予定通り開催
 ・ハイブリッドウインドオーケストラの定期演奏会(1月30日 江津市)⇒ 6月5日に延期

・まつえレディースマラソン中止に コロナで3年連続(2月5日付)

松江市観光協会のイベント情報
・中止となる松江市関連のイベント一覧
出雲市関連のイベントの状況

 

★学校関連
 
島根県7市町 感染者減に「一定の効果」 部分休校、1日授業再開(2月1日付山陰中央新報)
 ・部分休校明け登校再開 校外学習は極力取りやめ、マスクを2重に 警戒続く(2月2日付山陰中央新報)
 ・部活動 時間制限を撤廃、他校との練習試合や合同練習の禁止は引き続き求める。私立の中学3校と高校10校にも同様の要請(2月21日)

★交通
 ・全日空 1月27日以降、山陰路線(羽田ー鳥取、米子、石見)で減便 詳細
 ・FDA(2月14~28日) 出雲ー仙台便(1往復)は全日運休、出雲ー静岡便(1往復)は18、19、21、24、28日以外の9日間運休、出雲ー名古屋便(2往復)は通常通り。

<関連記事>
・観光、宿泊業 回復の第一歩 慎重見方も、需要動向注視(2月18日付)
・島根まん延防止20日終了 感染減、医療サービス安定 県東部は予断許さず(2月18日付)
・飲食店「やっと普通に」 客足や消費に不安の声(2月18日付)
 

・感染者数で状況把握できず 丸山知事 コロナ対応に苦言 全国知事会(2月16日付)

・処置室稼働めど立たず 松江のコロナ療養施設 感染急拡大で(2月15日付)
・島根県 高齢者3回目接種本格化 鈍い出だし 呼び掛けに腐心 関係者「交互でも早期が有効」 (2月15日付)

・米子市の公立小中学校、分散登校を13日に解除 14日から通常登校に(2月13日)

妊産婦集いの場閉ざさない 対面で息抜き やっぱり大事 島根 児童施設や助産師奮闘(2月11日付)

島根県 感染者減少が鈍化 受験や異動、再拡大警戒(2月10日付)
松江、浜田市 3回目前倒し ワクチン間隔6カ月に(2月10日付)
・保育施設登園自粛 米子市が延長要請(2月10日付)
感染急拡大の5都府県から一時帰県の宿泊費を助成、基礎疾患のある島根県出身者(2月10日付)

・入院期間4日に短縮可能 病床逼迫回避、自宅療養へ 厚労省(2月9日付)

・13都県 まん延防止延長へ 政府 3週間軸、10日決定(2月8日付)

・政府、13都県延長今週判断 まん延防止 首相3回目接種加速指示(2月7日付)

・みなし陽性 ケア急務 情報不足で療養不安(2月6日付)

・保育現場 感染対策に腐心 班活動増やし接触者把握 2歳もマスク、交代で食事(2月5日付)
・外出自粛解除 応援金新設 飲食、タクシー 安堵の声 米子、境港(2月5日付)
・楽しみが子の免疫力高める 休日に親子で遊ぶ時間を 竹谷島根大教授に聞く(2月5日付)
・まん延防止効果 鳥取市長疑問視(2月5日付)


米子、境港両市民に要請の外出自粛 前倒しで3日に終了(2月4日付)
・買い物代行助成 上限を引き上げ 浜田市(2月4日付)
・最大40万円 応援金新設 コロナ影響の中小事業者対象 鳥取県発表(2月4日付)
・第6波 疫学調査追い付かず 出雲保健所・中本所長 全数把握の見直し望む(2月4日付)
・宿泊療養施設 隠岐に新設へ(2月4日付)

関連記事:「まん延防止」から1週間 松江駅周辺で人出が2割減(2月3日付)
・島根まん延防止適用1週間 休業するわけにはいかない 飲食店、卸売業者 模索続く(2月3日付)
・生産者支援 カニ鍋セット 松江の卸売り2業者共同(2月3日付)
・観光地にぎわいなく 旅館 キャンセル相次ぐ(2月3日付)
・支援向け協議入りへ 鳥取県と飲食店関係者(2月3日付)

・島根県 特典付き食事券 独自発行へ 22年度 まん延防止後の消費喚起(2月2日付)

・米子市が分散登校 きょうから公立小中全34校 13日まで(2月1日付)
・コロナ対応 県指導に基づき対策 米子市長、知事発言に困惑(2月1日付)
・インフル 今季も低水準 島根ゼロ、鳥取1人

・感染「ほとんど米子問題」 平井知事 市対応に苦言 中国知事会(1月31日付)

・買い物代行 山陰で需要増 コロナで在宅療養増え 生活維持するインフラに(1月30日付)
・保健所の応援態勢強化 松江市と県 専従増員や大学協力(1月30日付)

まん延防止に懐疑論続出 飲食店時短「効果見えず」 知事、政府に検証要求も(1月29日付)
・コロナで売り上げ減の全業種 事業復活支援金活用を 31日から申請 島根県呼び掛け(1月29日付)

・大田の飲食3店舗 1カ所で料理販売 まん延防止で29、30日(1月28日付)
・飲食ニーズ対応へ スーパー総菜充実 タクシー、酒販店 悲鳴(1月28日付)
島根まん延防止 酒出せないと意味ない 飲食店 目に付く休業張り紙(1月28日付)

まん延防止きょうから 島根 自宅療養1000人規模 保健所業務の効率化課題(1月27日付)
・広島 飲食関連減も高止まり 期間延長 先見えず まん延防止適用2週間(1月27日付)
・孤独な自宅療養「不安」 島根県内の当事者2人 本音は「診療受けたい」(1月27日付)

オミクロン特徴 急増要因 うつるスピード 感染者数減で急速収束も(1月26日付)
・タブレット生かされず 休校中の家庭学習 ネット環境やルール未整備(1月26日付)

・給食食材休校でピンチ 1日3万食、対応苦慮 島根 生鮮品 市職員買い取りも(1月25日付)
・小中学校 授業時間に懸念 島根 休校延長で春休み短縮も(1月25日付)
・まん延防止 我慢いつまで 島根の飲食店 休業も視野(1月25日付)